インプラントについて【堺 高石 インプラントセンター】歯を失った時の治療法 ブリッジ 入れ歯 インプラントの違い

辻野歯科医院 堺市 高石市 インプラントセンター /大阪 医療法人秀元会
インプラント 予約 お問い合わせ 072-265-8211
大阪府 高石市
インプラント メニュー
HOME
いつまでも若々しく健康で生きるために
インプラントとは
歯を失ったときの治療法には
インプラント選びで譲れない3条件
こんな人にはお勧めしません
インプラントCT撮影
無痛治療
失敗しないインプラントセンターの選び方
当院の方針
当院の治療の流れ
. 治療費用と保証制度
支払い方法
Q&A よくある質問
診療時間・アクセス
パーフェクトペリオ
インプラント無料メール相談
インプラントとは インプラント 大阪 高石市 堺市
インプラントとは?
1952年、スウェーデンの科学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士はある幸運な出来事によってオッセオインテグレーション(骨結合)を発見しました。
 
博士の研究チームが微少循環(血液の流れ)に関する基礎研究を行っていたときのこと。治療の経過を観察するため、博士は動物の体内にチタン片を埋め込んでいました。ところが驚いたことに、研究が終了したとき、このチタンがどうしても骨から取り外せなったのです。当時の医学界の常識では、金属と骨が結合するなど、とても考えられなったことでしたが、チタンは生体組織において異物とみなされず、受け入れられる性質を持っていたのです。
 
ブローネマルク博士はこの現象に興味を持ち、さっそく大規模な研究を開始し、歯科治療への応用法を探りました。そしてチタンが骨組織と特殊な方法で結合する過程が明らかにされ、ブローネマルク博士はこれをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名したのです。
 
さらにブローネマルク博士は、長期間にわたる研究を経て、1965年より歯科分野でインプラントの治療を開始しました。以来、世界50カ国以上の国々で140万人以上の人々が、博士が開発したシステムによるインプラント治療を受けています。
 
この治療法は、世界中で数多くの人々の悩みを解消してきました。現在、この優れた技術は歯の治療だけでなく、関節など体の他の部分への応用に向けても、精力的に研究が進められています。
インプラント治療例
インプラント インプラント治療後
治療前 治療後
-このページの上へ-
 歯を失ったときの治療法
歯を失ったときの治療法には、ブリッジ、入れ歯、インプラントが挙げられます。
ここでは各治療法のメリット、デメリットをまとめています。
 ブリッジ治療
ブリッジとインプラントの違い   失った歯の部分の左右の歯を削り、義歯(人工の歯)の橋をかける治療法。
 メリット
ブリッジとは歯を失った時に前後の歯が十分に残っていて、状態も悪くない時に行う治療の方法です。
簡単に話すと両端の歯を削って橋げたみたいに繋がった歯をかけてくっ付ける方法です。自分の歯と同じように噛むことができ、比較的違和感は少ないです。保険が効くブリッジももちろんあります。(保険外のセラミックブリッジもあります)
 デメリット
 一番の欠点は両隣の歯を大きく削る必要があることです。歯は削れば削るほど弱くなる可能性があります。
また、少なくとも3本で支えるところを2本と少ない歯で支えるわけですから残った歯の負担も今まで以上にかかります。また奥に歯がないとブリッジは出来ません。残った歯の本数や状態でできるかどうかが決まります。奥歯の保険内のブリッジは、全体が銀色で審美性に劣ります。
 入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)
いればとインプラントの違い   歯を失った部分の型取りをし、人工の歯を取り付け、自分の歯で固定する簡単な治療法
 メリット
入れ歯とは文字通り、取り外しの可能な人工の義歯です。
ほとんど歯を削らず、歯の型を採るだけで治療は進むために(そうでない場合もあります)痛くなく、比較的簡単に治療が受けられます。あの嫌な歯を大きく削る必要はありません。また保険で作ることが可能です。(保険外の入れ歯もあります)
 デメリット
 歯ぐきの上に大きな台が付きますので、異物感を感じる人も多いです。噛む力は、どんなに上手に作っても、歯があるときの50%位しか回復できないと言われています。話しにくい、気もち悪い、よく噛めない!どうしてもなじめない方もいらっしゃいます。
「あたり」と言って、歯ぐきにすり傷などの痛みが出るときがあります。保険内の部分入れ歯はバネ式ですので、審美性に劣ります。バネが歯を揺さぶって歯の寿命を短くすることがあります。
特にほとんどの女性のかたは、最初の入れ歯になった時に精神的に大きな抵抗感を感じられます。
 インプラント治療
インプラント治療   長年の研究と高度な技術のもとに開発された人工の歯根(インプラント)を植える治療法
 メリット
 自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じくらいに噛むことが出来ます。審美的にはとてもきれいです。
残っている歯に過度な負担をかけずに独立した歯として使えます。多くの場合、入れ歯ではなく固定式の歯を上に入れます。
一番のメリットは適切に処置されたインプラントは大きなトラブルも無く長持ちする結果が最近報告されていることです。ブリッジや入れ歯よりかなり長持ちすることが多いために残された歯を守る役割もします。
 デメリット
 インプラントを埋め込む手術が必要です。
保険がきかないため費用がかかります。誰にでもインプラント手術ができる訳ではありません。全身状態、骨の状態等の詳細な検査が必要です。今まで以上のケアが必要です。
また、インプラント治療後のメインテナンス(アフターケア)も重要です。治療期間が比較的長くかかります。
 
 
-このページの上へ-
Copyright (c)2009 TSUJINO DENTAL CLINIC. All Right Reserved .
いつまでも若々しく健康で生きるために | インプラントとは | 歯を失ったときの治療法には | インプラント選びで譲れない3条件
こんな人にはお勧めしません | インプラントCT撮影 | 無痛治療 | 失敗しないインプラントセンターの選び方 | 当医院の方針
当院の治療の流れ | 治療費用と保証制度・支払い方法 | Q&A | 診療時間・アクセス
〒592-0003
大阪府 高石市 東羽衣 5-14-16 TEL 072-265-8211
辻野歯科医院・堺 高石インプラントセンター